お客様のブラウザはInternet Explorerです。
サイトが正しく見えなくなる場合がございますので、最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。
海外ストア出店最大級モール サイトを見る
クローズボタン
TOP Bannar - Designed by Dooder / Freepik

フルカラー印刷データはCMYKで!

イメージ通りの仕上がりに近づけるために…

フルカラー印刷データはCMYKで!?

フルカラー印刷ではカラーモードをCMYKでご入稿くださいと案内しています。
代表的なカラーモードはCMYKとRGBですので、RGBで入稿される方もいらっしゃいますが、これだと印刷仕上がりが
イメージ通りになりません。
では、CMYKとRGBの違いはなんでしょう?

 CMYKとRGB

CMYKとは、Cyan=シアン、Magenta=マゼンタ、Yellow=イエローの三色、そしてKey plate=キープレート(≒黒)から
頭文字1文字ずつ取ったもの。これらのインキを混ぜ合わせることでフルカラーでの印刷ができます。
CMYKは、全て混ぜるとどんどん暗い色に変化するため「減法混色」とも呼ばれています。

反対にRGBはR(RED)、G(GREEN)、B(BLUE)で作られる色で、混ざると明るくなり白に近づくため「加法混色」とも
呼ばれています。PCのモニター、テレビ画面や電飾など自身が発光しているものは RGBで表現されています。
RGBデータで作成されたデータは、印刷時CMYKデータに変更します。そうすると上記のカラーモードの特性上どうしても少し暗くなってしまうのです。

CMYKとRGB

 データ入稿の際はCMYKで

アドプリントのシール・ステッカー・ラベル印刷時は完全データ入稿時にはCMYKでご入稿くださいと案内しています。 RGBでの入稿の場合、CMYKカラーモードに変更し印刷するため、イメージしていた色と違うからです。

またデータをCMYKで作成いただいても、PCの画面自体がRGBでの表現であるため印刷物用のデザインを作成
する場合は、モニターの色よりも実際の印刷物は暗く出力されますので色合いを考慮する必要がございます。


アドプリントでは室内用シール・ステッカー・ラベルは付け合わせ印刷を採用していますため、どうしても色の差が出て
しまう可能性がございます。そのうえRGBデータでのご入稿は、 さらにイメージしていた仕上がりから遠くなってしまう
可能性があります。RGBデータでご入稿の場合は、別途ご連絡を差し上げております。

仕上がりが多少暗くなってしまってもいい方はそのまま印刷に入らせていただきますが、
データを修正して再入稿される方がほとんどです。

 

カラーモードの修正は、思った通りの色を再現するまでに時間がかかる作業なので印刷データは必ずCMYKで作成し、
ご入稿お願いします。

 

PC版で表示
スマートフォン版で表示