海外ストア出店最大級モール サイトを見る
お客様のブラウザはInternet Explorerです。
サイトが正しく見えなくなる場合がございますので、最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。
>> 注文方法別ガイド、後加工データの作成方法についてご案内しております。
>>画像1枚だけで缶バッジが作れます。
>> 弊社で取り扱っている印刷用紙についてご紹介しております。
>> 多様な後加工を施すことによってよりクォリティーの高い印刷物に仕上がります。
>> 納期(商品発送日)の目安、送料など配送に関する情報をご案内しております。
>> 商品(サイズ・デザイン)別のテンプレートをダウンロードすることができます。
>> 返品に関する注意事項、商品別の注意事項について記載しております。
ミニバナー
1個からご注文可能
デザイン : 円形・正方形・ハート形
用紙 : ユポインディゴ・スノー
(正方形のみ裏面フックピンで製作)
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ
 
レビュー
弊社のミニバナーはここが違う!誰でも簡単にオリジナルミニバナーが作れます。
  • 1個から注文できます
  •  
  • "1個だけでも注文できますか…?"
  • もちろんです。どのミニバナー商品でも
  • 1個からご注文可能です。
  •  
  • 弊社オリジナルの簡単入稿エディターを利用すれば、
  • 写真(JPG,PNG,PDF)や画像ファイルを入稿するだけで
  • 注文が完了します!
  • 複雑なカットラインを作成する必要もありません。
  • 簡単入稿ってなに??
  •  
  • 複雑なカットラインの作成不要!
  •  
  • 画像ファイルさえあれば注文OK!
  • 注文ページの「簡単入稿」からお持ちの写真や画像を
  • アップロードし、エディター内のカットラインに
  • 合わせて大きさや位置を調整すれば編集完了!
  • ぜひご活用ください。
  • *JPG,PNG,PDFファイルのみアップロード可能です。
  • 簡単入稿の 3 STEP
  •  
  • 1.「簡単入稿」からお持ちの画像ファイル(JPG,PNG,PDF)をアップロード
  •  
  • 2.エディター内のカットラインに合わせて画像の
  • 大きさや位置を調整
  •  
  • 3.あっという間に編集完了!
データ入稿前チェックリスト
  • ご入稿いただいたデータは弊社独自のシステムによりデータ不備がないかを分析し、不備がない場合はそのまま製作作業に入ります。
  • 万一データに不備が見つかった際にはお客様サポートよりご連絡さしあげ、データの修正及び再入稿をしていただくようになります。
  • データ再入稿になった場合は製作及び発送に遅れが生じることがございますので、
  • データ入稿前に必ず下記のチェックリストをもう一度ご確認いただけますようお願いいたします。
■ データは入稿可能なファイル形式ですか?
  • 一般入稿はPDFファイルのみの受付となります。必ずAdobe PDF形式で保存したファイルをご入稿ください。
  • 簡単入稿ではJPG/PNG/PDFファイルでのご入稿が可能です。
  • ※サイズ別にテンプレートをご用意しております。
  • 直接デザイン及びデータ作成される場合は、必ず該当するテンプレートをご利用の上、PDF形式で保存して一般入稿からご入稿ください。
  • ※MS Word、PPT、Excelで作成したデータはPDFファイルで保存できますが、フォントのアウトライン化はされていません。
  • フォントのアウトライン化がされていないと、作業時に使用したフォントと異なるフォントで印刷されてしまう場合がございます。
■ 作業サイズとPDFサイズは一致していますか?
  • ミニバナーでは実際に裁断する仕上がりサイズに、四方2mmずつ塗り足しを加えた作業サイズでのご入稿が必要となります。
  • ご入稿の際、PDFファイルが仕上がりサイズではなく、作業サイズになっているかを必ずご確認の上、ご入稿ください。
  • * Illustratorの場合、作業するアートボードサイズと注文ページ内の作業サイズが、
  • Photoshopの場合、作業するカンバスサイズと注文ページ内の作業サイズが必ず一致するよう設定してください。
  • ※テンプレートをご利用いただければ、最初から作業サイズに設定されていますので、そのまま編集及び保存してください。
  • ※テンプレートをご利用いただき、切れてはいけない文字や絵柄は、必ず仕上がりサイズより2mm以上内側に配置してください。また、四隅の穴あき位置を確認しながら編集してください。
■ カラーモードはCMYKですか?
  • すべての印刷はCMYKカラーで行われます。カラーモードは必ずCMYKカラーに設定してください。
  • RGBカラーのデータはCMYKカラーに自動変換されますが、その際印刷トラブルにつながる恐れがございますので、必ずご確認ください。
■ CMYKの総インキ量は250%以下になっていますか?
  • インクを使いすぎると乾きにくく、裏移りの原因となります。
  • CMYKの合計値が250%を超えないようにしてください。
■ フォントはアウトライン化されましたか?
  • フォントは著作権のあるソフトウェアです。そのため、該当ソフトウェアが設置されていない場合は正常に表示されない恐れがあります。
  • データ入稿の際には、使用したフォントを全てアウトライン化してください。
  • * すべてのフォント・オブジェクトを選択した状態で【書式(Type)】→【アウトラインを作成(Create Outlines)】を選択
■ ラスタライズ処理はされましたか?
  • ラスタライズとは、オブジェクトをイメージ化して、本来の属性を取り除くことです。
  • 透明度やドロップシャドウなど様々な効果を使用している場合、
  • 印刷中にご希望のデザイン効果が再現されなくなる不具合を防止するため、ラスタライズが必要になります。
  • * イメージを選択した状態で【オブジェクト(Object)】→【ラスタライズ(Rasterize)】を選択
  • カラーモード: CMYK  /  解像度: 300ppi   /  特色:解除
■ 解像度は300dpiを満たしていますか?
  • 解像度とは、画像を構成する点(ドット)の密度を表します。
  • 印刷に適した解像度は、仕上がりサイズの原寸で300DPI~350DPIです。
  • 画質が悪い場合でも、入稿されたデータのまま製作されますのでご注意ください。
  • * 【イメージ(Image)】→【画像解像度(Image Size)】を選択
  • ※元々画素数の低い画像は、300PPI(DPI)以上に変更していただいても印刷時に荒くなってしまいます。
■ オーバープリントの設定は確認されましたか?
  • オーバープリントとは、指定したオブジェクトの色とその下にあるオブジェクトの色とを重ねて印刷する機能です。
  • オーバープリントにチェックされているオブジェクトは必ずチェックを解除してください。
  • 塗りと線で項目が分かれていますので、よくご確認ください。
■ 印刷に不要なデータは削除しましたか?
  • 印刷に不要なデータは【非表示(Hide)】機能などを使用せずに必ず削除してください。
  • * 【オブジェクト(Object)】→ 【すべてを表示(Show All)】で確認
  • また、Photoshopにて弊社のAi形式のテンプレートをご利用になった際は、
  • デザイン以外の[ガイド][カット]レイヤーは必ず非表示または削除してからPDFファイルで保存してください。
  • ※ Photoshopで作成したPDFファイルはレイヤー区分ができないため、カットラインごと全て印刷されてしまいます。
■ 画像の埋め込みはされましたか?
  • リンクはIllustratorのファイル内に画像情報を取り込ませず、指定した位置にリンク先の画像情報をプレビュー表示させる方法で、
  • ファイル容量は抑えられますが、リンク切れなどのトラブルが発生する可能性があります。
  • それに対して埋め込みはIllustratorのファイル内に画像情報を直接取り込む方法で、
  • ファイル容量は大きくなりますが、元のデータに依存しないため、リンク切れなどのトラブルが発生する心配がありません。
  •  
  • ①配置ダイアログボックスでリンクのチェックを解除する方法
  • リンクのチェックを解除してから、画像を選択して配置をクリックします。
  •  
  • ②リンクにチェックが入った状態で埋め込みをする方法
  • リンクにチェックが入った状態で画像を選択し、上部のオプションから埋め込みをクリックします。
■ 画像(レイヤー)の統合はされましたか?[Photoshop]
  • Photoshopで透明度を調整したり、フィルターやレイヤー効果などを組み合わせてデザインした際、印刷物に正常に反映されない場合があります。
  • 作業中に作成した全てのレイヤー(テキストレイヤーを含む)は1枚の背景レイヤーに画像を統合してください。
  • * 【レイヤー(Layer)】→【画像を統合(Flatten Image)】を選択
■ リッチブラックについて / 細かい文字・線
  • K100%以外の色を混ぜて表現される黒色をリッチブラックと言います。
  • スミベタに比べると深みのある濃い黒になりますが、インク量が多すぎたり、色を混ぜすぎると裏移りなどの印刷トラブルにつながるため、
  • リッチブラックをご使用の場合は、K100%にC20%程度をおすすめします。
  • ただし、商品ラベルなどの小さな文字や細い線には、色にムラが発生することを防ぐため、K100%が適しています。