お客様のブラウザはInternet Explorerです。
サイトが正しく見えなくなる場合がございますので、最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。

屋内用シール

形状別シールから集合ラベル(マルチタイプ)、型抜きシールまで豊富にご用意しております。
1個からご注文可能
デザイン : 円形・正方形・ハート形
用紙 : ユポインディゴ・スノー
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ・スノー
1個からご注文可能
デザイン : 円形・楕円形
用紙 : ユポインディゴ・スノー
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ
1個からご注文可能
デザイン : 円形・正方形・ハート形
用紙 : ユポインディゴ・スノー
(正方形のみ裏面フックピンで製作)
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ

特殊シール

特殊加工・特殊素材のシールで、様々な用途に合わせてお使いいただけます。
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ
1個からご注文可能
デザイン : 円形・正方形・ハート形
用紙 : ユポインディゴ・スノー
(正方形のみ裏面フックピンで製作)
1個からご注文可能
デザイン : 円形・正方形・ハート形
用紙 : ユポインディゴ・スノー
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ・スノー
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ
1個からご注文可能
デザイン : 円形・楕円形
用紙 : ユポインディゴ・スノー
1個からご注文可能
デザイン : 円形
用紙 : ユポインディゴ

小ロット向けシール印刷について

どなたでも簡単にオリジナルのシール・ステッカーが作れます!

必要な時に必要な分だけ作れる

たった1枚も、半端な数もご注文いただけるので、
タイムリーに無駄なく印刷できます。
※選べるフレームシール【スクエア】のみ5枚単位でご注文可能となります。

画像データがあれば注文できる

簡単入稿やエディター入稿でご注文いただけるシールでは、
お持ちの画像をアップロードするだけで入稿が完了します。
データ作成不要なので、手間や時間が省けます。

バリアブル印刷(ナンバリング加工)ができる

後加工で連番数字を印字できるナンバリング(有料)を選択すれば、
整理券や枚数の管理などに便利なシールをお作りいただけます。

裁断方法

まとめて裁断…A5またはA4サイズの台紙にシールを複数枚並べて裁断します。
       配布用ではなく貼付だけを目的とする場合におすすめです。
個別裁断  …シールを台紙ごと1枚ずつ個別に裁断します。(有料オプション)
       ノベルティなどの配布用におすすめです。
※後加工で個別裁断をご選択されない限り、基本的にまとめて裁断となります。

ハーフカットとフルカット

ハーフカット…台紙を残した状態でシール部分だけが剥がれるよう切り込みを入れます。
フルカット …シールをお好みの形で台紙ごと完全に切り抜きます。
※フレークシール、マグネットステッカー、窓用両面ステッカーはフルカット、
 その他のシールはハーフカットで製作いたします。
  • 選べるフレームシールの体験レビュー
  • フレークシールの体験レビュー
  • マグネットステッカーの体験レビュー
  • オリジナルシールの体験レビュー

レビュー

シール・ステッカー(大ロット向け)おすすめ商品

お問い合わせ シール・ステッカー(小ロット向け)

ご相談などお気軽にお問い合わせください
050-5577-1182 10:00~12:00/13:30~17:00(土日祝定休)
cs@suisui-printing.jp 10:00~12:00/13:30~17:00(土日祝定休)
※小ロット向けと大ロット向けシール・ステッカーはご注文、データ入稿方式、制作システムが異なりますので、お問い合わせ窓口が異なります。
商品別の入稿方法
  • 小ロット向けシール印刷では3つの入稿方法をご用意しており、商品ごとにご利用いただける入稿方法が異なります。
  • 入稿時の注意事項、商品や取扱用紙などについては、各商品注文ページ中間あたりの該当するメニューボタンをクリックしてご確認ください。
  • 商品名 一般入稿 簡単入稿 エディター入稿
    四角形シール  
    円形シール  
    楕円形シール  
    角丸四角形シール  
    選べるデザインシール    
    オリジナルシール    
    フレークシール    
    選べるフレームシール    
    選べるフレームシール【スクエア】    
    マグネットステッカー  
    窓用両面ステッカー    
    はがせるシール  
    ポッティングシール【円形】  
    ポッティングシール【角丸四角形】  
    ポッティングシール【フレーム】    
    ポッティングシール【特殊型】    
    訂正シール  
    布シール  
    冷蔵・冷凍シール  
入稿方法のご案内
  • 【ご注意】
  • ※ データ入稿は各商品注文ページの入稿ボタンよりお願いいたします。(データ入稿をしないと次に進みません)
  • ※ データ入稿方法は商品ごとに異なります。各商品注文ページにて入稿方法をご確認ください。
  • ※ ページ閲覧およびご入稿は必ず【Google Chrome最新版】からアクセスして行ってください。
  • その他のブラウザは不具合が生じやすいためご注意ください。
  • ※ お客様にご入稿いただいたデータをそのまま印刷して製作いたします。
  • 弊社ではデータ作成および修正作業などは行っておりません。お客様ご自身で行っていただきますようお願いいたします。
  • ※ ご入稿データに不備がある場合はデータの修正および再入稿が必要となり、発送予定日がずれ込む可能性がございます。
  • ご入稿前にデータ内容に漏れ・不備がないか、今一度ご確認ください。
  • 一般入稿 (テンプレート入稿)
  • 一般入稿は、弊社のテンプレート(AI)をもとにIllustratorやPhotoshopといったソフトを使って、
  • お客様ご自身で作成いただいたPDFファイルをご入稿いただく入稿方法です。
  • ・テンプレートは商品ごとにご用意しております。ダウンロードしてご利用ください。
  • ・データ作成方法などを商品注文ページ中間あたりの「一般入稿」メニューボタンに記載しておりますので、ご確認ください。
  • ・ご入稿前に商品注文ページの「データ入稿前チェックリスト」をご確認ください。
  • ・作成したPDFファイルは、商品注文ページの「一般入稿」ボタンからアップロードしてください。
  •  
  •  
  • 簡単入稿 (画像データ入稿)
  • 簡単入稿は、お持ちの画像データ(JPG/PNG/PDF)を弊社が提供するカットラインに合わせて配置するだけで、
  • 別途ソフトを使ってデータを作成する必要がなく、どなたでも簡単にご入稿いただける入稿方法です。
  • ・画像データ(JPG/PNG/PDF)は、商品注文ページの「簡単入稿」ボタンからアップロードしてください。
  • ・画像を配置する際の注意事項などを商品注文ページ中間あたりの「簡単入稿」メニューボタンに記載しておりますので、ご確認ください。
  •  
  •  
  • エディター入稿 (編集エディター)
  • エディター入稿は、お持ちの画像データ(JPG/PNG)を弊社独自の編集エディターに配置するだけで、
  • 画像の縮小・拡大や明るさ補正など、どなたでも簡単にデータ編集してご入稿いただける入稿方法です。
  • ・編集エディターを起動するためには、ログインが必要となります。
  • ・画像データ(JPG/PNG)は、商品注文ページの【編集する】ボタンからアップロードしてください。
  • ・エディターの各種機能や画像を配置する際の注意事項などを商品注文ページ中間あたりの「編集エディター」メニューボタンに記載しておりますので、必ずご確認ください。
データ入稿前チェックリスト
  • データをご入稿される前に、必ずこちらのチェックリストをご確認いただきますようお願いいたします。
  • 印刷に進むことのできないデータ不備があった場合は、弊社よりご連絡を差し上げておりますが、
  • [データ入稿前チェックリスト]にある内容は、基本的にお客様ご自身でご確認いただく内容となっております。
  • そのため、こちらの内容に関しましては、弊社にて確認・修正は一切行っておりません。予めご了承ください。
  • また、万一こちらの内容で仕上がりに不具合が生じた場合でもクレーム対象外となりますので、ご注意ください。
■ データは入稿可能なファイル形式ですか?
  • 一般入稿はPDFファイルのみの受付となります。必ずAdobe PDF形式で保存したファイルをご入稿ください。
  • 簡単入稿ではJPG/PNG/PDFファイルでのご入稿が可能です。
  • ※弊社のテンプレートをご利用される場合は編集後にPDF形式で保存し、一般入稿からご入稿ください。
  • ※簡単入稿の場合はカットラインが自動生成されるため、カットラインのないファイルでご入稿ください。
  • ※MS Word、PPT、Excelで作成したデータはPDFファイルで保存できますが、フォントのアウトライン化はされていません。
  • フォントのアウトライン化がされていないと、作業時に使用したフォントと異なるフォントで印刷されてしまう場合がございます。
■ 作業サイズとPDFサイズは一致していますか?
  • シール・ステッカーでは実際に裁断する仕上がりサイズに、四方2mmずつ塗り足しを加えた作業サイズでのご入稿が必要となります。
  • ご入稿の際、PDFファイルが仕上がりサイズではなく、作業サイズになっているかを必ずご確認の上、ご入稿ください。
  • * Illustratorの場合、作業するアートボードサイズと注文ページ内の作業サイズが、
  • Photoshopの場合、作業するカンバスサイズと注文ページ内の作業サイズが必ず一致するよう設定してください。
■ カラーモードはCMYKですか?
  • すべての印刷はCMYKカラーで行われます。カラーモードは必ずCMYKカラーに設定してください。
  • RGBカラーのデータはCMYKカラーに自動変換されますが、その際印刷トラブルにつながる恐れがございますので、必ずご確認ください。
■ CMYKの総インキ量は250%以下になっていますか?
  • インクを使いすぎると乾きにくく、裏移りの原因となります。
  • CMYKの合計値が250%を超えないようにしてください。
■ 特色は含まれていませんか?
  • こちらの商品の印刷では特色は取り扱っておらず、CMYKの4色でフルカラーを表現しています。
  • そのため、入稿データ内に特色が含まれている場合でも、印刷時には自動でCMYKに変換され、近似色にて印刷されます。
  • 自動変換の際はCMYKで表現できる範囲内のみとなり、また、稀に生じるデータ不具合によって、全く違うお色で仕上がる恐れもございますため、
  • お手数ですが、データ入稿前には、必ず特色が使われていないかのご確認をお願いいたします。
■ フォントはアウトライン化されましたか?
  • フォントは著作権のあるソフトウェアです。そのため、該当ソフトウェアが設置されていない場合は正常に表示されない恐れがあります。
  • データ入稿の際には、使用したフォントを全てアウトライン化してください。
  • * すべてのフォント・オブジェクトを選択した状態で[書式(Type)]→[アウトラインを作成(Create Outlines)]を選択
■ ラスタライズ処理はされましたか?
  • ラスタライズとは、オブジェクトをビットマップ画像に変換して、イメージ化する処理をいいます。
  • 透明やドロップシャドウ、グラデーションなどの特殊効果を使用している場合や、
  • パスの多い複雑なデータ、重いデータなどを含む場合は、印刷トラブルを引き起こす原因となるため、
  • ラスタライズ処理をおすすめしております。
  • (*ラスタライズした場合はデザインやレイアウトが変わっていないか、ご自身でよくご確認ください)
  • 弊社では確認及びラスタライズ処理は一切行っておりませんので、特殊効果などを使用される場合は、十分ご注意ください。
  • * イメージを選択した状態で[オブジェクト(Object)]→[ラスタライズ(Rasterize)]を選択
  • カラーモード : CMYK   /   解像度: 300ppi   /   特色:解除
■ 解像度は300dpiを満たしていますか?
  • 解像度とは、画像を構成する点(ドット)の密度を表します。
  • 印刷に適した解像度は、仕上がりサイズの原寸で300DPI~350DPIです。
  • 画質が悪い場合でも、入稿されたデータのまま製作されますのでご注意ください。
  • * [イメージ(Image)]→[画像解像度(Image Size)]を選択
  • ※元々画素数の低い画像は、300PPI(DPI)以上に変更していただいても印刷時に荒くなってしまいます。
  •  
■ オーバープリントの設定は確認されましたか?
  • オーバープリントとは、指定したオブジェクトの色とその下にあるオブジェクトの色とを重ねて印刷する機能です。
  • オーバープリントにチェックされているオブジェクトは必ずチェックを解除してください。
  • 塗りと線で項目が分かれていますので、よくご確認ください。
  •  
■ 印刷に不要なデータは削除しましたか?
  • 印刷に不要なデータは[非表示(Hide)]機能などを使用せずに必ず削除してください。
  • * [オブジェクト(Object)]→ [すべてを表示(Show All)]で確認
  • また、Photoshopにて弊社のAi形式のテンプレートをご利用になった際は、
  • デザイン以外の[ガイド][カット]レイヤーは必ず非表示または削除してからPDFファイルで保存してください。
  • ※Photoshopで作成したPDFファイルはレイヤー区分ができないため、カットラインごと全て印刷されてしまいます。
  •  
■ 画像の埋め込みはされましたか?
  • リンク画像でご入稿された場合、途中でリンク切れが生じたり、印刷トラブルの原因にもなります。
  • 全ての画像データは、必ず埋め込み作業を行ってから、保存・入稿していただきますようお願いいたします。
  •  
  • ①配置ダイアログボックスでリンクのチェックを解除する方法
  • リンクのチェックを解除してから、画像を選択して配置をクリックします。
  •  
  • ②リンクにチェックが入った状態で埋め込みをする方法
  • リンクにチェックが入った状態で画像を選択し、上部のオプションから埋め込みをクリックします。
■ 画像(レイヤー)の統合はされましたか?[Photoshop]
  • Photoshopで透明度を調整したり、フィルターやレイヤー効果などを組み合わせてデザインした際、印刷物に正常に反映されない場合があります。
  • 作業中に作成した全てのレイヤー(テキストレイヤーを含む)は1枚の背景レイヤーに画像を統合してください。
  • * [レイヤー(Layer)]→[画像を統合(Flatten Image)]を選択
  •  
■ リッチブラックについて
  • K100%以外の色を混ぜて表現される黒色をリッチブラックと言います。
  • スミベタに比べると深みのある濃い黒になりますが、インク量が多すぎたり、色を混ぜすぎると裏移りなどの印刷トラブルにつながるため、
  • リッチブラックをご使用の場合は、K100%にC20%程度をおすすめします。
  • ただし、商品ラベルなどの小さな文字や細い線には、色にムラが発生することを防ぐため、K100%が適しています。
  •  
■ カットラインデータ・後加工データ・レイヤー名
  • すべての[カットライン]データは必ずベクター線で、線幅:1pt、線の位置:"線を中央に揃える"を選択、線の色:M100%で作成してください。
  •  
  • 線ではなく細い面で作成されていたり、重複線で作成されていた場合は、製作不可能となり、データの修正・再入稿が必要となります。
  • 一度データを拡大してチェックするなど、カットラインが単一線になっていることを必ずご確認ください。
  • ※Photoshopで作成したカットラインデータはご入稿いただけません。カットラインのみ非表示または削除してから保存してください。
  •  
  • 後加工の[部分ニス加工]データはK100% (黒ベタ)の面で作成してください。
  • ※Photoshopで作成した部分ニス加工データはレイヤー区分せず、PDFファイルを2ページに分けて入稿していただければ製作が可能です。
  •  
  •  
  • 後加工の[白印刷]データはK100% (黒ベタ)の面で作成してください。
  • ※Photoshopで作成した白印刷データはレイヤー区分せず、PDFファイルを2ページに分けて入稿していただければ製作が可能です。
  •  
  •  
  • カットラインや後加工データは必ず[印刷]レイヤーとレイヤー区分して入稿しなければなりません。
  • 弊社のシステム上、データ作成の際は以下のレイヤー名で設定していただくようお願いしております。
  • ※入稿データ内で後加工レイヤーを正常に作成しても、注文ページ内で希望する後加工オプションを選択しなかった場合、
  • 見積り及び注文、商品ともに反映されませんのでご注意ください。
  •  
後加工データのクリッピングマスクについて
  • 後加工データにクリッピングマスクがかかっている場合、データが正しく機械に読み取られない可能性があります。
  • 後加工データ作成の際は、後加工を施す部分にクリッピングマスクがかかっていないかを必ずご確認いただき、
  • クリッピングマスクがかかっている場合は解除してご入稿ください。
■ 小さな文字・細い線について
  • 6pt以下の小さな文字や0.3pt以下の細い線は、印刷した際に潰れたり、かすれてしまう恐れがございますので、予めご了承ください。
■ 不安定な色合い・薄い色合いについて
  • デジタル印刷は、その日その時の印刷機のコンディションによって、同じ商品、同じデータでも仕上がりに差が出る場合がございます。
  • CMYKやCMYを組み合わせた不安定な色合い、濃度10%以下の薄い色合いは、仕上がりに差が出やすくなりますので、ご注意ください。
PC表示に切り替える