お客様のブラウザはInternet Explorerです。
サイトが正しく見えなくなる場合がございますので、最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。

名刺・シール・チラシをはじめとした販促品の総合印刷通販ならアドプリント

クローズボタン

ホーム > コラム > 初対面で好印象を残すためには

初対面で好印象を残すためには

初対面で好印象を残すためには

名刺は社会人の必須アイテムです。取引先の方や、対面したお客様、渡す相手やシチュエーションは様々でしょうが、皆さんはどういった名刺をお持ちでしょうか。名前と連絡先を印刷し、会社のロゴをあしらった無難なものでしょうか。もちろんそれでも構わないのですが、ちょっとでも相手に強い印象を残したければ、少しでもインパクトのあるものにするのも良いと思います。ちょっと変わった名刺にするだけで、会話のきっかけにもなります。仕事上の会話では最初の滑り出しが非常に重要なので、名刺作成に投資するのは決してお金の無駄遣いにはなりません。

では、具体的に名刺作成をしようとした場合、どういったものがあるのでしょうか。現在、日本で最も良く使われているのが、4号サイズ(91mm×55mm)です。おそらく、ご自宅に保管してある相手様の名刺はほとんどがこのサイズです。変わった名刺作成の第一歩としてサイズを変更してみるというのも良いと思います。例えば縦長にしてみるとか、横長にするだけでも、人の注意を引けます。あるいは紙の種類を変えてみる。お店によっては高級な和紙を用いた名刺や、箔押し加工などの後加工をしてくれるところもあります。

名刺はちょっとした小道具かも知れませんが、ここにこだわることで、思わぬ商談の足掛かりになる可能性も低くはありません。新しい名刺作成の際には、こだわりを持った名刺会社に注文することをお勧めします。

ビジネスチャンスは印象的な名刺次第

ビジネスにおいて成功を収める人の特徴に、いい名刺を持っているというものがあります。これは、ビジネスを進展させる上で、有用なビジネスパートナーを名刺の数だけ所持しているという意味です。なんだそんなことか、と思われるかも知れませんが、ビジネスマンがプロジェクトを進行させるとき、名刺を基準に考える人は多いのです。

つまり、この「名刺群」のなかに入ることができるかどうかが、ビジネスチャンスをつかめるかどうかを左右しています。そのためにも、印象に残る名刺作成が欠かせません。最近では、クラウドを用いて企業の名刺が統合的に管理されるようになっています。プロジェクトの進行に必要なスキルが発生した場合、それを外注するのに、クラウドで統合管理された名刺データのなかから、参照してマッチングしています。それだけに、いかに自分のスキルを相手に印象づける名刺を、作成できるかが重要です。

そして、多くのビジネスマンが、印象深い名刺を作成するために尽力しています。そのため、通り一遍の名刺では、デザインの段階で競合他社に遅れを取ってしまっているのです。もしも、印象に残る、オリジナル名刺を作成したいのなら、名刺印刷会社の名刺デザインテンプレートを利用してみるのもオススメです。

情報重視かインパクト重視か考える

自分で考えるにしろ業者に依頼するにしろ、名刺作成におけるデザインというのはよく考えて決めていく必要があります。名刺というのは制限のあるコマーシャル媒体であり、考え方次第で有限にも無限にも広がるデザインフィールドだと言えるでしょう。作成する前に考えておきたいポイントとして、その名刺が「情報優先」なのか「インパクト優先」なのかという点です。

名刺の目的は「自分」の端的な紹介であり、いわば省略された履歴書です。履歴書なので名前は最低限必要で、必要に応じて住所や連絡先などを記入していく事となるのです。ビジネス用の名刺であれば、そこから更に会社のプロフィール情報も記載していく事となるので、一枚の中に書かれる情報量は必然的に増えていく事となるでしょう。あまりに文字数が多いと視認しずらくなるので、装飾にこだわるよりも見やすいレイアウトであるのが重要となってきます。対してアーティストやホステスの方などは、文字情報よりもデザイン性を優先するインパクト重視な名刺作成が最適となります。細かいプロフィールよりも、自分というキャラクターを相手に印象付ける事が何より大事な事となります。そうなると、よりオシャレで視認性の高いデザイン名刺を目指していく事となるのです。

このように、名刺をデザインする際は、まずは情報重視なのかインパクト重視なのかを決めてから作成するのが基本だと覚えておいて下さい。コンセプトに合った最適な名刺を作って、より効果の高いコマーシャル効果を実現していきましょう。