お客様のブラウザはInternet Explorerです。
サイトが正しく見えなくなる場合がございますので、最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。
海外ストア出店最大級モール サイトを見る

クローズボタン
TOP Bannar - Designed by Dooder / Freepik

シール・ステッカー・ラベルの違い

本来の意味とアドプリントでの意味

シール・ステッカー・ラベル何が違うの?

アドプリントではシール・ステッカー・ラベルを販売していますが、何が違うの?と聞かれる方もいます。今回はアドプリントでの定義だけではなく、本来の英語の意味も一緒に整理したいと思います。

 英語でのシール・ステッカー・ラベルの意味

・シール (seal)
まず初めに、シール・ステッカー・ラベルの本来の英語の意味から見てみましょう。英語の「シール」の本来の意味は、文書などが本物と証明するための印やサインのことでした。蝋で封をし、本物と証明することもあり、「封印」という意味もあります。「封をする」という意味で現在も、薬や精密機械などの箱に未開封を証明するために貼るものは英語での
「シール」と同じ意味で使用されます。セキュリティシールを想像すれば理解が早いと思います。

・ステッカー (sticker)
日本では、糊付きの貼れるものは「シール」と呼んでいますが、集めたり、トランクなどに貼ったりして楽しむものは英語では「ステッカー」になります。子供のお菓子のおまけなどに入っているキャラクターがデザインされたさまざまなところに貼ったり、集めたりしていた裏糊つきのもは日本語では「シール」と呼んでいますが英語では「ステッカー」に
該当します。

・ラベル (label)
最後に英語での「ラベル」は、商品の説明や注意事項、成分を表示しているもののことを意味します。英語の「ラベル」は必ずしも貼るものでなくてもよく、服についているサイズ表などもラベルといえます。ですから、裏糊が付いているラベルであれば、正確には「ラベルシール」や「ラベルステッカー」という ことになります。

 アドプリントのシール・ステッカー・ラベルの意味

アドプリントでは、英語本来の意味では使用せずに、耐候性の違いにより「シール」と「ステッカー」を分けています。
屋内で使用するものは「シール」、屋外で使用するものは「ステッカー」と定義しています。
屋外で使用する場合、紫外線の影響もあり、屋内で使用する場合よりも退色が早く進みます。退色について詳しくはこちら>>
屋外で使用する場合、退色が起こりにくい耐候性のあるインクを使用しており、これらの商品はアドプリントでは
「ステッカー」に分類しています。また、耐候性の少ないインクを 使用している屋内で使用する商品は「シール」と呼んでいます。「ラベル」は商品の説明や注意事項に使用されるため、「シール」にも「ステッカー」にも属します。
アドプリントのメニューでは、「ラベル」というカテゴリーがないので「商品ラベル」をお探しの方は屋外用か屋内用
どちらかのメニューからお探しください。

どのような商品であっても屋内で使用する場合は「シール」、屋外で使用する場合は「ステッカー」で
お探しください。