お客様のブラウザはInternet Explorerです。
サイトが正しく見えなくなる場合がございますので、最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。

名刺・シール・チラシをはじめとした販促品の総合印刷通販ならアドプリント

クローズボタン

ホーム > コラム > 名刺は素材が重要

名刺は素材が重要

名刺は素材が重要

自分をうまく表現できない、それなら「名刺」を制作して自分をアピールしてみてはいかがでしょうか。会社でどんな仕事を担当しているのか、趣味や特技を入れて自分を知ってもらうと良いでしょう。ポイントは「デザイン」です。真面目すぎる名刺では渡す相手に目を止めてもらうことができず、ただ通りすぎてゆくだけです。なので、インパクトのある華やかなデザインで渡す相手の心に残る名刺を作りましょう。

名刺作成は書体にこだわろう

名刺作成をする際には、書体にこだわると立派な名刺が完成します。一般的にはゴシック体や明朝体に類する書体が選択されることが多いです。これらの書体は、落ち着いたフォーマルな印象を与えることができるからです。また、比較的見慣れている書体であるため受け入れられやすいという点もポイントが高いです。

しかし、ゴシック体や明朝体を名刺には使用しなければいけないというルールはありません。個性を出したり、より強い印象を名刺をもらった相手に対して与えたいと思った場合はそのほかの書体を選ぶことも十分に考えられるのです。例えば、女性のデザイナーの方が名刺を作成する際には、かわいい丸文字のような書体を使用したり、デザイン性の高い文字が修飾されたものを選ぶことも可能です。

また、普段第一印象で真面目で堅物な印象を受けるといわれることの多い人が、ギャップを見せるためにこれらのオシャレな文字を使用することもおすすめです。書体を適切に選ぶことによって、相手に対して自分自身を売り込むことができるのです。名刺の印刷を業者に依頼する場合は、希望している書体を選択できるかどうかを事前に確認しておくと安心です。よく意識しておいて下さい。

目的に合わせて紙にこだわろう

名刺印刷会社では、依頼者のニーズに合わせてバラティ豊かな用紙ラインナップを取り揃えています。コストと品質がスタンダードな一般用紙、より高い品質の素材で作られた高級用紙、テクスチャーや配色などデザイン性に重点を置いた特殊用紙などがあります。それぞれに一長一短の使い勝手があるので、名刺作成を依頼する際は自分がどういった目的に使うのかを明確にしてから注文依頼すると良いでしょう。

普通のビジネス目的で使うのであれば、価格もお手頃で大量印刷しやすい一般用紙がベターです。余計な装飾も無ければ品質も標準レベルですので、実用性の高いビジネス用名刺を作成してもらう事ができるでしょう。大企業の会社役員や代表、または煌びやかなホステスさんなどは、よりグレードの高い高級用紙を使い名刺を作成するのが最適です。

名刺とは自分を紹介するアピールアイテムですから、ゴージャスさや権威を演出するのであればこういった高級用紙を使うのが一番理にかなっていると言えるのです。最後に特殊用紙ですが、こちらはデザイン性重視という事もあり、デザイナーやアーティストの方にオススメできる用紙となっています。

インパクトのある目を引きやすい名刺を作れますので、自己表現の一つとして是非こだわりのデザイン名刺を作ってみて欲しいです。これら名刺用の様々な印刷用紙は、それぞれにかかる料金が大きく違いがあります。どの用紙がどれくらいなのかを印刷会社のホームページを参考にしながら作成プランを考えてみて下さい。