お客様のブラウザはInternet Explorerです。
サイトが正しく見えなくなる場合がございますので、最新ブラウザのご利用をお勧めいたします。

名刺・シール・チラシをはじめとした販促品の総合印刷通販ならアドプリント

プラスチックカード・PETカード・RFIDカード印刷専門サイト ADCARD アドカード

入稿前にチェック

弊社はお客様のデータを修正するサービスは行っておらず、お客様からの完全データで製作しております。入稿データに不備が
ありますと、マイページ進行中注文の内訳 [データ問題あり] の注文番号内に表示される【データ問題修正方法案内】で不備内
容が表示されますので、必ずご確認ください。
再入稿要請となると、発送予定日もずれてしまいます。ご注意ください。

作業の注意事項

ドキュメント設定は【 CMYK / Preview 】ですか?

ドキュメント設定を [RGB / Preview] で入稿される場合は、印刷時 [CMYK / Preview] に
自動的に変換され、データの色が変化してしまいます。必ず [CMYK / Preview] に設定してください。
IllustratorでのドキュメントCMYKカラ一設定 HelpImage PhotoshopでのドキュメントCMYKカラ一設定 HelpImage

Illustrator、Photoshopのバージョンは「9~CC」ですか?

Illustrator・Photoshopの場合:バージョン9からCC に対応しております。
弊社では、IllustratorCCでデータチェックを行っております。
Photoshopでの保存方式 HelpImage

弊社のテンプレートをご利用されましたか?

データ余裕分の過不足が発生、注文サイズと入稿データが異なる問題が生じます。
特にpdf、psd、jpgで入稿される場合はサイズにご注意ください。
テンプレートダウンロード

入稿データ「天・地」は正しいですか?

入稿データを作成される場合は必ず「天・地」を合わせてください。
特に縦向きのデータを作成されるお客様はご注意ください。

弊社ではお客様の入稿データをそのまま印刷いたしますので、仕上がり商品の天・地が異なって
いるというご連絡に関しましてはご対応できかねますのでご了承ください。

また、弊社のテンプレートを必ずご利用後、天・地を確認してください。

作業サイズ、編集サイズまでの塗り足しは大丈夫ですか?


- 作業サイズ : 断ち切りデザインの塗り足し範囲
  * 仕上がりサイズまで背景色や写真がくるデザインは
    必ず作業サイズまで塗り足してください。

- 仕上がりのサイズ : 注文サイズ

- 編集サイズ : 裁断ズレが生じても文字・ロゴが切れない安全範囲
* ロゴや文字など切れてはいけないデザインを必ずおさめてください。

商品別データ作成方法

枠取りデザインですか?

裁断ずれが生じる場合に、枠取りデザインが断ち切られる可能性があります。 外側の枠取りデザイン HelpImage 内側の枠取りデザイン HelpImage

印刷カラーは確認されましたか?

RGBやパントーン、DICカラーなど特色を使用された場合、エラー発生や予期せぬ色に変換されることがありますので、印刷に適したCMYKに変換していただきますようお願いいたします。
材質の特徴や印刷する際の環境等により、実際のご入稿データよりも仕上がりの色が約10%~20%程度濃い色で仕上がる場合がございます。 こちらの件に関しましてもクレーム対象外となりますので、予めご了承くださいませ。

HelpImage

アウトライン化はされてますか?

弊社にフォントがない場合、文字化けしますので、必ず入稿データは全てアウトライン化してください。
なお、印刷に不要なフォントは全て削除していただきますようお願いいたします。
HelpImage
IllustratorでのCreate Outline HelpImage PhotoshopでのCreate Outline HelpImage

文字をエンベロープから「ワープで作成」する場合 フォントのアウトラインをしてない状態で文字に効果を使用した場合、文字化けしてしまう場合があります。
お客様がご指定されたフォントを弊社が保有していない場合、弊社保有のフォントで印刷される場合があります。
通常、アウトラインがされていないデータをご入稿された場合、「データ問題あり」という再入稿要請のご連絡をさせて
いただきますが、下の図のような効果をご使用されている場合、データに弊社保有のフォントをご使用されているかどうかの
判断ができず、再入稿要請のご連絡ができかねる場合がございます。
必ずアウトラインをされてから、デザイン効果をご使用いただくようお願いいたします。

ご入稿いただいたデータは弊社データ確認時、下記のように表示されます。
HelpImage

正しいデータ作成方法


HelpImage
文字でパターンを作成する場合 フォントのアウトラインをされていない状態で、オブジェクトでパターンを作られた場合、文字化けして印刷される場合が
あります。お客様がご指 定されたフォントを弊社が保有していない場合、弊社保有のフォントで印刷される場合があります。
通常、アウトラインがされていないデータをご入稿された場合、「データ問題あり」という再入稿要請のご連絡をさせて
いただきますが、下の図のようにパターンで作られたデザインの場合、データに弊社保有のフォントをご使用されているか
どうかの判断ができず、再入稿要請のご連絡ができかねる場合がございます。必ずアウトラインをされてから、デザイン効果を
ご使用いただくようお願いいたします。

ご入稿いただいたデータは弊社データ確認時、下記のように表示されます。 HelpImage

正しいデータ作成方法


HelpImage

画像の埋め込みはされましたか?

必ず埋め込み作業をしてください。(画像の解像度は300ppi~600ppiが適切)
スキャンしたデータの場合、画像が粗く印刷されることがありますので、ご注意ください。
また、元のデータが粗い画像はどんなに数値を合わせても鮮明に印刷することはできません。
Illustrator での画像解像度 HelpImage Photoshopでの画像解像度 HelpImage Illustrator での画像の埋め込み HelpImage

BMP(ビットマップ)ファイルを使用されましたか?

ビットマップファイルで作成したデータは印刷の際に自動的にCMYKに変換され、透明の部分に白/黒枠ができてしまいます。
ビットマップファイルによるクレームは弊社にて責任は負いかねますので、必ず「JPG・PSD・EPSファイル」で作成してい
ただくか、イラストレータからラスタライズ処理をお願い致します。
BMPファイル使用時に発生するエラー HelpImage

印刷されない線(ヘアライン)を使用していますか?

Illustratorのオブジェクトに色を付ける指定は「塗り」と「線」の設定があります。「ヘアライン」と呼ばれる「塗り」で作成した
線は、画面上やプリンタでは表現されますが、実際には線の太さを設定していないため、印刷してもかすれたり消えてしまいます。

線には必ず「線」の設定で色を指定してください。
線幅が「0.3pt」未満の線は細すぎてヘアラインと同様、かすれ等の原因になりますのでご注意ください。

ご入稿データ通りでの進行となりますので、ヘアライン・線幅が0.3pt未満のクレームは弊社にて責任は負いかねます。 「線」の塗り設定に関するエラー HelpImage

透明効果を使われていますか?

透明効果を利用すると、透明効果の影響した部分(文字、線など)が粗く印刷され、
品質が低下してしまう可能性があります。透明効果によるクレームは弊社では責任は負いかねますので、
必ず「透明の分割・統合設定」処理またはラスタライズ処理をお願いします。
Illustratorでの[透明の分割・統合設定] HelpImage Illustratorでのラスタライズ HelpImage

印刷に不要なデータは削除されましたか?

[Object] → [Show All]が反映されているか確認後、
印刷に不要なデータは [Hide] 機能を使用せずに必ず削除してください。 HelpImage

画像の解像度は確認されましたか?

画像の解像度は300PPI(DPI)以上をお勧めします。
入稿されたデータのまま製作されますのでご注意ください。

※ 元々の画像の解像度が低い場合には, 300PPI(DPI)以上に変更していただいても, 印刷時に荒くなります。

about dpi01
about dpi02

ドキュメントのラスタライズ効果設定は確認されましたか?

▷ドキュメントのラスタライズ効果設定方法

1.カラーモードは「CMYK],解像度は 必ず300PPI(DPI)(高解像度)以上にしてください。

*ドキュメントのラスタライズ効果設定が正しくされてない場合、印刷時に問題が発生する恐れがあります。
特に解像度が低く設定された場合や、「ドロップアウト」効果使用時など、印刷の仕上がりがデータと相違する場合がございます。

img_01

*イラストレーターCS2以前では初期設定の段階で72DPIになっている場合があります。必ずご確認ください。
*一度72DPIの設定で適用された効果を、作業中に300DPIの設定に変更した場合、
 効果の見た目が予期せず変化してしまうものがありますのでご注意下さい。

2.背景は「透明」にしてください。

*ドキュメントのラスタライズ効果設定時、背景設定がホワイトの場合ラスタライズ後の背景が白くなります。

img_02

3.オプションはデフォルト状態に維持してください。

*オプションはデフォルトの状態に(特色を保持は解除)に維持してください。
(※オプションの「オブジェクトの周囲に12.7mm追加」の部分は、デフォルトの状態が推奨です。
0mmなどにされた場合、効果が削れてしまうことがあるためご注意ください。)

img_03

▷ドキュメントのラスタライズ効果設定方法

img_04

*ドキュメントのラスタライズ効果設定が以上の内容で設定されてない場合
データと仕上がりが異なった場合でもクレーム対象外となりますので、 予めご了承くださいませ。